ユメウツツ ダウンロード販売

2016年07月30日

参考文献


↑今回はこの本の中の一節を引用しました。


とりあえず色々読んでます。



エマに関して言えば
今時ありえないほどの
ウブで貞淑な妻という
感じなわけですが
多様性、リベラルさ、個人主義を尊重する
外人というフィルターを通すと
そういう女性もいるかも、
という気がします。











読んだ中の一割も
参考になってないとは
思うんですが



posted by Tohru_N at 12:03| Comment(7) | TrackBack(0) | Diary

2016年07月29日

ペン入れ終了

今回は胸への愛撫で終わりました。
次回はクンニ、そして挿入、
さらに2回戦くらいまで
いけるでしょうか。
待ち遠しいですね。

012-016.jpg

未亡人という設定自体
使い古された感もありますが
エマの設定や超乳についての
記述はオリジナルです。

性の雑学は文献を参考に、

ストーリー展開については
官能小説に影響を受けました。

弓月作品はヒロインが皆巨乳で
主人公に甘い展開が特徴ですね。
先生は以前僕の作品のファンだと
言ってくださったのでテイストが
似るのは自然なことかもしれません。


海堂作品は陵辱やレイプ物が多いですが
言葉攻めなどのセリフ回しなどに影響を受けました。

「オレの女にしてやったぜ」みたいなのは完全に海堂節です。
海堂作品テイストに純愛をコーティングして
ハッピーエンドに導いてる感じでしょうか。

もちろん綺羅光先生も大好きです。

綺羅先生の文章は本当に素晴らしいですね。
あえぎ声の「っ」の使い方も秀逸ですし
女性のセリフ回しが好きです。
被虐が似合うヒロインがいいですね。


posted by Tohru_N at 18:18| Comment(6) | TrackBack(0) | Diary

2016年07月23日

embrasse

キスはフランス語で
「アンブラッセ」というらしいが
まったくなじみがなかった。
「ベーゼ」かと思ってたけど
セックスの意味も含むらしいとか

012-011.jpg

ママンはまだ完全に
受け入れてるわけじゃないから
まだまだ先が長い。



posted by Tohru_N at 10:00| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary
ヒメカノ2 ダウンロード販売