ユメウツツ ダウンロード販売

2019年02月15日

変身ヒロイン

コスチュームデザインは
名前にちなんでユリの花の
イメージから白を基調に

cos-05.jpg

名前は「聖乳天使・リリー」ですね

posted by Tohru_N at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary

2019年02月13日

今後の展開

027-016.jpg

時代劇が終わったので
次は変身ヒロイン物です。

触手を一度描いてみたかったということで
変身ヒロイン・ユリカの恋人・ユウが
異次元の生命体に寄生されてそれを助ける、
そんな話を18ページで
かなり詰め込んだ展開になりそうです


その後の2話はタイムスリップしてきたユウと
現在のユウで男2女1の3Pからの2対2の
乱交という展開を予定しています。


ところで
異世界(転生・召還)最強チートハーレム物は
流行なので、今更感があるような気もしますが

戦闘自体はどうでもいいというか
舞台がファンタジー世界で
エルフといちゃいちゃする話で
いいのだけど、
そうもいかないので
結局は
王国を守るなり魔物を倒すなり、
なんらかで英雄になって
美女も手に入れる、
そんな展開でしょうか

posted by Tohru_N at 10:27| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary

2019年01月27日

続・時代劇

時代劇の後編を描いています。


小物類や背景が面倒
027-004.jpg


時代劇は確立された様式美の中で
どれだけ遊べるか、というものではないか
と思いました。

ドラマ部分にページを割く必要があり
Hシーンが削られているのは
本末転倒な気がしますが
ある種の達成感はあります。


資料として時代劇のドラマや
映画を観ていると
理不尽な状況が多くて
ストレスフルですね。
みんなやたらに死ぬし。


僕が描くのはあくまで
ハッピーエンドなので
時代劇のジャンルとしては
勧善懲悪物とか下町人情物の
路線がいいですね。


で、前にも書きましたが
時代劇はSFやファンタジーと同じようなもの
という認識なので

描いてるうちに
日本の時代劇じゃなく
西洋のファンタジー世界で
美しいエルフ母娘との恋愛みたいな感じでも
描けたかもしれないなーと思いました。

金髪美女の路線を突き詰めると
最終的にはエルフか宇宙人になるのでは



posted by Tohru_N at 12:05| Comment(3) | TrackBack(0) | Diary

2018年12月10日

ぎっくり腰

かがんだ拍子に
急性腰痛、いわゆる
ぎっくり腰になっちゃいました。

あらためて健康でいることの
重要性を感じました。

posted by Tohru_N at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | Diary

2018年12月05日

ふしぎ

僕にとっての時代劇は
SFやファンタジーと同類のもの
という認識ですが

026-008.jpg

不思議なのは

やはり丁髷(ちょんまげ)ですね。
一応由来は調べましたが
それでもなぜこれが定着していたのか

あと、
そもそも着物って機能的じゃなくない?
っていう。

SFやファンタジーと捉えるなら
髪型や服装なんか銀魂みたいに自由でも
いいのかもって気になりました


posted by Tohru_N at 13:30| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary
DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation